雲龍図



「雲龍図」と狩野探雲

天明7(1787)年、狩野探雲画。木板4枚をつなぎ合わせた縦3m、横2.3mの大作。

天明3年に上信国境の浅間山が大噴火してから4年後の作画である。大災害から復興を祈る切実な思いは、現代のわたくしたちに伝わるものだ。

雲間に舞う龍の「八方睨(にら)み」が人々の身に付いた災いの元をことごとく祓い除けることから、『厄除雲龍』とも称される。

*    *    *    *

探雲は享保10(1725)年甘楽郡野上村の生まれで名は佐藤守照。江戸に出て狩野派に学び、幕府画所(えどころ)で十五人扶持をうけ、江戸城内西の丸普請では障壁画製作に従事。寛政11(1799)年、法眼に叙せられたという。晩年は富岡・七日市藩の御用絵師をつとめ文化9(1812)年、88歳で没す。

世に「上野(こうずけ)探雲」の名で知られる。