御本殿の彫刻「波に兎」

投稿日:

兎 波を走る(うさぎ なみをはしる)

    本殿彫刻 波に兎

兎は古来、「月の精」といわれてきました。兎が波の上を白く跳ねている図は、月影が水面に映っているさまを例えたのでしょう。兎は不老不死や慶事の瑞兆ともいわれます。
また、日本神話の「大国主命と因幡の白兎」の物語も思い出されます。
御社殿のうさぎの彫刻をどうぞ間近にご覧ください。